各業界の転職事情−経験者座談会−

合格者が急増する弁護士業界

誰もが憧れる職業の一つと言えば弁護士ではないでしょうか。
弱者のために強者に立ち向かい、法律を武器に闘うといったイメージを持っている人も少なくはないでしょう。
実際に大学を卒業してから司法試験を受け続け、10年目にしてやっと念願の弁護士資格を取得したという人もいるくらいです。

しかし、実際の弁護士業界は弁護士資格を取得してからの方が大変なようです。
これは弁護士を希望する大学生が増加して毎年司法試験の合格者が増加しているからです。
司法試験に合格した後は研修などを受けて、それから弁護士事務所などへ就職することになります。
新米弁護士は経験を積む必要がありますのでどこかの事務所に就職して働くのが一般的だったのですが、現在では受け入れる事務所の数より司法試験合格者のほうが多くなっているため就職先が見つからない人が多くいるのが実情です。

事務所に就職できなかった弁護士の中には即弁護士事務所を開業してしまう人もいるそうですが、経験も浅く人脈も乏しい状態では順調な経営は見込めないでしょう。
いつか弁護士に転職したいと司法試験の勉強を継続している人も多いようですが、資格取得後も勤務先を見つけるのに苦労するかも知れないということは覚悟が必要です。
また、近年は司法試験の制度が変更されて新司法試験となりました。
新司法試験は法科大学院卒業後5年以内に3回しか試験が受けられないという条件があります。
それ以降は受験資格を失うことになりますので、弁護士を目指す人は注意しなくてはなりません。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017各業界の転職事情−経験者座談会−.All rights reserved.