各業界の転職事情−経験者座談会−

リハビリをサポートする作業療法士

作業療法士はケガや病気などで身体に後遺症などが残ってしまった人に対し、リハビリテーションの指導やサポートを行う仕事です。
病院などの医療機関に勤務し、医師や看護士などと連携して業務にあたります。
患者の状態は医師が診断を下しますので、作業療法士はその内容を踏まえた上でリハビリの内容を検討します。
さらに測定した患者の情報を基に、医師・理学療法士らとともに測定値からリハビリの内容を決定していきます。
最終的にはソーシャルワーカーなどの専門家と共にリハビリ計画を完成させ、その後実際のリハビリへと入っていきます。

医学の知識やリハビリの技能などももちろん必要ですが、毎日の業務で多くの患者・家族・医療従事者とコミュニケーションを取ることが求められる仕事です。
人と接することが好きだという人には向いているかもしれません。

作業療法士になるには国家資格を取得しなくてはなりませんので、専門学校などで学ぶ必要があります。
資格取得後は病院などの医療機関に勤めることになりますが、作業療法士の勤務先は病院だけではありません。
老人福祉施設、身体障害者福祉施設、知的障害者福祉施設などには作業療法士が常駐している施設もあります。
また、各地域の保健センターや市民相談窓口などにも作業療法士が必要となることがあります。
これらの行政機関では健康維持や乳幼児の発達相談などが主な仕事となります。
自宅介護を行っている家族のためにリハビリテーションの講座を開くこともあり、作業療法士の仕事内容や転職先は非常に多岐にわたります。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017各業界の転職事情−経験者座談会−.All rights reserved.