各業界の転職事情−経験者座談会−

たくさんの選択肢から選べる福祉の仕事

福祉関連の業界は常に人手が足りていないと言われています。
中にはなり手が多いために就職が難しい職種もありますが、特に介護関連の職種では常に多くの求人情報が公開されています。

介護関連の職種にも様々な種類がありますが、介護老人保健施設やグループホームなどで高齢者の生活をサポートする職種は特に人材不足が進んでいると言われています。
福祉業界への転職を検討している人は高齢者介護に関する資格を取得しておくと転職活動に有利になるでしょう。
さらにホームヘルパーと同じ様な仕事の内容ですが、介護福祉士という職種もあります。
介護福祉士は国家試験に合格する必要がありますので、転職時にはさらに有利になります。
その分資格の取得には時間も労力も必要ですが、研修を修了すれば誰でも取得することができる資格です。

また、訪問ホームヘルパーも需要の多い職業です。
訪問ホームヘルパーは体が不自由な人の生活をサポートするため、顧客の自宅を訪問して食事の準備や洗濯、掃除といった家事や、身のまわりの世話といった介護を行います。
ホームヘルパーの事務所によっては自宅から直接介護先へ訪問しても良い場合もありますので、比較的時間にも自由のきく職業だと言えるでしょう。
さらに、福祉関連の職業は働き方の形態も選択肢が多いのが特徴です。
正社員として働くだけでなく、契約社員や派遣社員という選択肢もあります。
福祉関連に強い派遣会社などに登録しておけば、勤務先に困ると言うことはほとんどありません。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017各業界の転職事情−経験者座談会−.All rights reserved.