各業界の転職事情−経験者座談会−

医療関連への転職はMRが人気

MRという職業をご存じでしょうか。
もしかするとあまり聞いたことが無いという人も多いかもしれません。
MRとは日本語では医薬情報担当者と呼ばれており、主に製薬会社などに所属して自社の薬を医師や薬剤師に紹介する仕事です。
一般の人が薬局で薬を購入する際には薬剤師から説明を受けます。
そのため一般の人にとっては薬剤師なら薬のことは何でも知っているというイメージしかありません。
しかし、常に医学が進歩し続ける現代では薬の種類も常に増え続けているため、薬剤師だからといって全ての薬について把握できているわけではありません。

そこで、製薬会社で開発され販売許可が下りた薬品を、薬剤師や医師に安心して正しく使用してもらえるように情報提供を行うのがMRです。
仕事をしていく上では医学的な知識が欠かせない職業ですが、決して薬学部などを卒業していないと就職・転職できないわけではありません。
未経験者がMRを目指す場合、まずは製薬会社などへ就職してからMRになるための研修を受け、その後認定試験に合格すればMRとして活躍することが出来ます。

基本的な仕事内容としては医師や薬剤師と面談を行い自社の薬を紹介・説明することですが、そのために必要な医学情報の収集や報告書の作成なども業務内容に含まれます。
また、個別に医院や薬局を訪問するだけでなく大勢の医師や薬剤師を招いて説明会を開催するケースもあります。
その場合には説明会の準備や資料作成なども担当することになりますので、MRは事務処理能力・営業能力にも長けていなくてはなりません。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017各業界の転職事情−経験者座談会−.All rights reserved.