各業界の転職事情−経験者座談会−

一般事務と営業事務の違いについて

求人情報などを見ていると一般事務と営業事務という職種を目にすることがあると思います。
特に現在一般事務の仕事をしていて同職種の転職先を探している場合は、営業事務も視野に入れているかもしれません。
しかし、一般事務と営業事務では仕事内容に大きな差がありますので、その点はしっかりと理解しておきましょう。

基本的に事務職というものはオフィスの中にいて書類を作成したり、整理したりすることが仕事です。
さらに来客対応や電話対応なども業務に含まれます。
この点は一般事務も営業事務もほとんど同じなのですが、違いというのはその作業の内容です。
営業事務の場合には一般事務で行う帳簿管理などに加えて営業部での受発注管理、納期や在庫の管理、請求書や見積書の作成などを行わなくてはならないのです。
さらに、営業マンの業務をサポートするために資料を作成したり、営業マンの業績管理を行ったりもします。

こういった業務をこなすためには事務職のスキル以外にも、その会社の行っている営業活動に対する理解、商品知識、売り上げ管理能力なども必要です。
一般事務職を辞めて営業事務に転職した人は、そのギャップに驚くこともあるようです。
また、一般事務で入社した場合には基本的に総務部などに配属されます。
しかし、営業事務の場合には営業部に配属されることがほとんどですので勤務態勢なども大きく違うこともあります。
営業マンサポートのために遅くまで残業をしたり、クレーム処理を任されたりすることも珍しくはありません。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017各業界の転職事情−経験者座談会−.All rights reserved.